レーザー脱毛で美白

レーザー脱毛を行うと、脱毛だけでなく肌の美白効果を得る事もできます。 肌の黒ずみの原因は自己処理で皮膚がダメージを受ける事による色素沈着です。脱毛によって自己処理が不要になれば皮膚にダメージを与えずに済むため、黒ずみができにくくなります。 レーザー脱毛に使用される医療レーザーにも美白効果があります。医療レーザーはシミの治療などにも使用されるもので、メラニン色素を焼く効果があります。レーザーの照射によってかさぶたのようになり、剥がれた時に色が薄くなります。専門の治療ではないため、1回の照射で大幅に改善するものではありませんが、脱毛が完了するまでに何度も施術を受けるため、皮膚の黒ずみの改善になります。 ただし、これは脱毛がメインの施術である事に注意します。皮膚の色が黒すぎる場合、レーザーを照射してやけどする危険性があります。このような場合、トラブルを避けるため照射を行わない事があります。やけどすると色素沈着を起こしてしまう事もあるため、皮膚が黒すぎる場合はそれに対応しているレーザー脱毛を選びます。また、施術を受けた後の皮膚は乾燥しており、刺激に弱くなっています。そのままにしていると、紫外線を受けたり衣服に擦れて色素沈着が起きてしまうため、施術後のケアを怠らないようにします。